【日焼け止めランキング2020】人気・敏感肌用・プチプラ別に

日焼け止め使っていますか?日焼けしないようにするために、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも…。 人気・敏感肌用・プチプラ別に2020年おすすめの日焼け止めをランキング形式で紹介します。メイクの下地としても使えるアイテムやスキンケア効果があるものなども要チェックです。

日焼け止めの選び方

さまざまな日焼け止め。選ぶ際のポイントをいくつかおさえておきましょう。

日焼け止めの選び方 ①SPF・PAとは?

SPFとは

SPF= Sun Protection Factorの略で、紫外線のうちUVB波からの炎症を防ぐ効果を表す指標です。UVB波は波長が短く、「レジャー紫外線」ともいわれます。 UVB波は浴びると、短時間で肌が赤くなり、メラニンを作りシミや色素沈着の原因となります。

日焼け止めに書いてあるSPFの1〜50+までの数値は、何も塗らない場合と比べてどのくらい防御効果があるかを表しており、数値が高いほど効果も高くなります。

PAとは

PA= Protection grade of UVAの略で、紫外線のうちUVA波からの炎症を防ぐ効果を表す指標です。UVA波は波長が長く、「生活紫外線」ともいわれます。
UVA波は浴びると、ゆっくりと日焼けし、シワやたるみの原因になります。

PAは「+」の4段階で表示され、+の数が多いほど、UVA波からの防御効果は高くなります。

日焼け止めの選び方 ②ノンケミカルとは?

日焼け止めに使われている紫外線を防ぐための主な成分は「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2つがあります。

敏感肌の場合には「紫外線吸収剤」を使用していない、「紫外線散乱剤」を使用した”ノンケミカル”の日焼け止めがおすすめです。

紫外線吸収剤(=ケミカル)

肌に降り注ぐ紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換する成分(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、パラアミノ安息香酸)を使っているもの。

白浮きせずのびがよく、汗・皮脂で崩れにくいなどのメリットがありますが、敏感肌の場合、刺激を感じることがあります。

紫外線散乱剤(=ノンケミカル)

肌の上で紫外線を散乱=跳ね返す成分( 酸化チタンや酸化亜鉛など)を使用しているもの。低刺激なのがポイントです。

日焼け止めの選び方 ③どんなシーンで使う?

日常生活で使用する場合には、SPF10~20で十分だといわれます。海やプールなどのアウトドアでは50+以上のものがおすすめです。 数値が高いものほど、肌への負担も大きくなるため、敏感肌の方は気を付けましょう。

日焼け止めは1度塗ったらおしまいではなく、こすれたり汗や皮脂によって落ちてしまうため、2~3時間おきに塗り直すのが効果的です。

日焼け止めをメイク下地として使ってしまい塗り直しが難しい場合には、皮脂をティッシュオフしてから、パウダータイプやスプレータイプの日焼け止めを上から重ね塗りしましょう。

日焼け止めの選び方 ④テクスチャーは?

Photo by STIL on Unsplash

ローションタイプの日焼け止め

のびがよくさらっとした軽い付け心地が特徴。落ちやすくSPF・PA値が低いものが多いため、子供用や日常生活用として使うのがおすすめです。

ミルクタイプ の日焼け止め

保湿効果の高いミルクタイプ。しっとりとした仕上がりなので、メイクアップベース(化粧下地)としても◎です。のびがよいため顔だけでなく全身に使うことができます。

ジェルタイプ の日焼け止め

さらっとしたみずみずしいテクスチャーが特徴。透明にするための成分に紫外線吸収剤が使われている場合もあるので、敏感肌は気を付けましょう。

クリームタイプ の日焼け止め

ウォータープルーフのものが多いのがクリームタイプ。肌にしっかり密着するためメイクアップベースとしても最適です。その分落としづらいという特徴も。

スプレータイプ の日焼け止め

手を汚さずひと吹きで日焼け止めを塗ることができるスプレータイプ。アウトドアやスポーツで広範囲に塗り直す時に重宝します。便利で使いやすい反面、飛散や塗りむらに注意です。

パウダータイプ の日焼け止め

メイクの後に重ね付けするパウダータイプ。パウダーファンデーションのようにコンパクトに入っているのが特徴。

日焼け止めランキング2020 ①人気

日焼け止めの人気アイテムをベスト3までチェック☆おなじみのロングセラーアイテムも。

2020人気日焼け止めNo.1 アネッサ

紫外線防御効果が高いのに、軽い付け心地と石鹸で落とせる使いやすさが人気のアネッサ。資生堂のロングセラー、アネッサはどんどん進化しています。

汗・水が触れるとさらにUVブロック膜が強くなる「アクアブースター技術」と、こすれに強い「耐こすれ機能」で、真夏の日焼け対策はアネッサにおまかせです。

2020人気日焼け止めNo.2 アリィー

美容液成分配合のみずみずしさが特徴のアリィー。汗水に強い 「スーパーウォータープルーフ」 、摩擦に強い「リクションプルーフ 」のダブルプルーフでしっかり密着。SPF50+PA++++で紫外線防御効果MAXなのも頼もしい♡

2020人気日焼け止めNo.3 コスメデコルテ

エレガントなパッケージのコスメデコルテの日焼け止め。紫外線とともに環境ストレス要因からも肌を守ります。

冷房による乾燥からも守るみずみずしさと、クレンジング不要の石鹸で落とせる手軽さも魅力。

日焼け止めランキング 2020 ②敏感肌用

敏感肌用はノンケミカルがポイント。まずはサンプルを使用してみて、肌に合うかをチェックしてから購入すると安心です。

2020敏感肌用日焼け止めNo.1 ドゥーエ

資生堂の敏感肌用ブランド「2e(ドゥーエ)」の日焼け止め。パッケージがそっくりな”ノンケミカルではない”日焼け止めもあるため「Non chemidal」の文字を要確認です。

潤いのあるこってりとしたテクスチャーが特徴です。多くつけすぎるとかなり白くなるため、適量を守りましょう。

2020敏感肌用日焼け止めNo.2 キュレル

花王の乾燥性敏感肌向けブランド、キュレル。保湿成分セラミド入りだからうるうるしっとり。紫外線吸収剤無配合=ノンケミカルで、白残りせず軽いつけ心地が特徴です。赤ちゃんにも使えます。

2020敏感肌用日焼け止めNo.3 デリカーヌピュアレンス

デリカーヌはコーセーの敏感肌用ブランド。無添加+低刺激で肌体質を強化するラインナップ。

デリカーヌの日焼け止めは紫外線吸収剤不使用で、べたつかずするりとのびがよいのが特徴です。SPF18・PA++だからデイリーにおすすめです。

日焼け止めランキング 2020 ③プチプラ

2020プチプラ日焼け止めNo.1 ニベアサン

700円でお釣りがくるニベアサンスーパーウォータージェル。SPF50・化粧水感覚のうるうるさらりとした付け心地だから全身に使いやすいのが特徴です。デイリー使いに大満足のアイテムです。

ジェルタイプは落ちやすいためこまめに塗り直しましょう。

2020プチプラ日焼け止めNo.2 コーセーサンカット

700円でお釣りがくるプチプラなのにSPF50+PA++++の最強紫外線カット。ストレッチフィット処方で肌にしっかり密着。濡れた肌の上からでも使えます。ファンデーションのノリ・もちを良く化粧下地効果も。

2020プチプラ日焼け止めNo.3 ビオレUV

2019年2月にリニューアルしたビオレUVアクアリッチ ウォータリーエッセンスはミクロレベルで塗りムラなく仕上がる日焼け止め。80分間の耐水試験で実施省済みの耐水性、スーパーウォータープルーフ。海でプールで使いたいですね。

自分の肌に合う日焼け止めを見つけよう

さまざまな日焼け止め。自分の肌に合うものを使って、夏の紫外線から肌を守りましょう。

日焼け防止には日傘もおすすめ