パラジェルを1年続けてわかったこと|持ちはベースがポイント

【MELLOW’s Diary】MELLOWの編集者が綴るDiary。
今回は、爪が傷まないと評判のパラジェルについて。1年間続けてみてわかったこと、持ち・取れやすさ・削っているのかなど、レポートします。パラジェルの持ちをよくするためにはベース選びがポイントです。

パラジェルをはじめた理由

私がパラジェルをはじめた理由は2つあります。

  • ジェルネイルだと自爪が折れてしまうから。
  • すっぴんネイルだと爪の縦しわが気になるから。

以前ジェルネイルをしていた頃は、指先がはがれたりリフトしたりしやすく、サロン後、約2週間で取れていました…。

さらに、リフト後は次のサロンの予約までに、自爪が折れてしまうことが続きました。

そこで、ジェルネイルをお休みすることに。

ジェルネイルをやめた直後のすっぴんネイルは、折れる折れる…(涙)

結局、10指すべてが折れて、やむなく超ショートネイルになってしまいました。

でも指先がきれいだと気分があがりますよね。

手抜きヘアメイクでも指先がきれいだと、なんだか背筋が伸びるというか、きちんとして見える気がする。

「ネイルしたいなぁ、でも折れるの嫌だな」と思いながらすっぴん爪で2,3年が過ぎた頃、近所にパラジェルサロンがオープン♡

人気で予約が非常に取り辛く、実際に行けたのはオープンから3か月が経ったころでした。

パラジェルとは?パラジェルの持ちや取れやすいの?などのQ&Aはこちらの記事をチェック☆

パラジェルをはじめたころの持ち

すっぴん爪で数年経過していた私の爪は、超健康。でも、はじめてパラジェルをした時の持ちは、2週間でした。

あれ?思ったよりはがれやすい印象。

原因は、私が仕事でPCをよく使うことや水仕事(家事ですね)が多く、また私のビューティー意識が低いためでした。

…例えば水仕事の時にはビニール手袋を欠かさないとか、ハンドクリームをこまめに塗るとかを続けられない。

基本的にガサツ…などの理由によりネイルの傷みが激しかったようです。

パラジェル2回目は、私の意識改革もあり3週間持ちました。

しかし、3回目の持ちは10日!!左手の人差し指のネイルががペロッと!

さすがに10日は短いなと、ネイリストさんに相談したところ「ちょっとベースを替えてみますね♡」と対応していただき、その後は4週間近く余裕で持つようになりました。

4週間以上はまだ試したことがないのですが、もしかすると1か月以上持つのではないかと思うくらいしっかり密着しています。

ただ4週間近くになると、爪がだいぶ伸びてきて物を持つときなどに爪が”しなる”感じがします。ちょっと反り返るような感覚。

だからネイルがはがれないからといってそのままにするのはちょっと心配です。

パラジェルの持ちはベースが重要

ネイリストさんの 「ちょっとベースを替えてみますね♡」 とは具体的には何をしたのか。

4回目以降、「毎回持ちがいい♪」と通い続けて、気づけば「変えてみますね♡」発言から6か月以上が経過していたのですが、改めて聞いてみました。

…遅い~。

ネイリストさんの答えは「水仕事が多い人向けのベースを2度塗りしています」。

確かに、硬化する回数が増えていたような。

そしてベースの段階でライトにあてる時、小さく「熱ッ!」となる瞬間が時々ありました。それはベースを厚めに塗ったためなのだとか。

この熱さ、感覚には個人差があると思いますが、私にとってはネイルが持つのであれば耐えられる一瞬のものでした。

パラジェル、施術当日の画像

このところ連続して白のフレンチをオーダーしています。

「少し気分転換はいかが?」とおすすめされたのが、白フレンチに指先だけのシェルグラデーション♡

一見普通のフレンチネイルですが、よく見るとシェルがキラキラ☆

私が通うサロンのハンドネイルの値段は2メニュー。

  • ワンカラー or カラー 6,480円 
  • 定額デザインどれでも6,980円

フレンチも持ち込みデザインも6,980円でとっても良心的です♡
だから今回のフレンチ+シェルグラデーションネイルも6,980円でできました。

パラジェル、1週間後の画像

パラジェル後、1週間経過。
水仕事の際にはビニール手袋をはめるくらいで、普段通りに生活しています。

傷みがちな人差し指もまだまだしっかりFIX!ツヤもフレンチに仕込まれたシェルもきれい♡施術後1週間なので根元の隙間もまだ気になりません。このまま余裕で2週間、3週間と過ごせそうです。

このところの朝晩の冷え込みで、ネイルの持ちよりも指先の乾燥が気になっています。こまめにハンドクリームを塗らなくちゃ。

パラジェル、2週間後の画像

パラジェル後、2週間が経過。
時々、水仕事の時にビニール手袋を使うのをサボりがち…。
若干、爪の根元が伸びてきたのが分かりますね。

2週間経っても両方の人差し指をはじめ、他の指も欠けることなくしっかりついています。次回の予約まできれいな指先でいられそうです。

パラジェル、3週間後の画像

パラジェル3週間が経過。だいぶ根元が伸びてきていますね。
指先のリフトも欠けることもなく、いたって順調です。

3週間経つと爪が長くなり、PCのタイピングミスが増えてきました~(汗)
次回はショートネイルにしようかな。

パラジェル、今度はショートネイル

パラジェル施術後3週間が経過したところで、次の予約日♡

予約が取りづらい人気サロンなので、遅くとも2週間前には予約するようにいます。

今回はショートネイル。グレー×シルバーのデザインネイルにしました。

久々のショートネイルはちょっと新鮮☆PCのタイピングミスが減ってきました。

パラジェルを続けてわかったこと

1.パラジェル、自爪は傷まない

パラジェルを1年間続けても自爪は健康のまま。

はじめのころこそ、ネイルがはがれることはあったものの、爪が折れることはありません。1年通い続けた今も、爪は厚みがありしっかりとした硬さもあります。

2.同じネイリストさんのところに通って自分に合ったベースにしてもらう

これはパラジェルに限らずですが、ネイリストさんとの相性が良ければ、しばらくは同じネイリストさんのところに通ってみる。

その理由は、前回よりも今回、今回よりも次回が良くなるように、爪の状態や生活スタイルに合わせてベースをカスタムしてもらえるチャンスが増えるからです。

毎回違うサロンだと、行くたびに爪の状況や生活スタイルをネイリストさんに伝えないといけません。

私が通っているサロンはネイリストさんが1人で経営している個人サロン。毎回同じ方に「こうなったらいいな」という希望を伝えられたことで、ベースを替える対応をしてもらいました。

ネイリストさんの知識と技術力はもちろん、通い続けたくなるような素敵な人柄だったという点も大きいですね。

場合によっては、ネイリストさんの技術力云々の前に、人として合う合わないがあるかと思います。そんな時は次のサロン開拓にGO!

※これらはあくまでも私個人の感想です。ご自身の爪の状態やネイリストさんとの相性を見て選択してくださいね。

パラジェルはじめてみませんか♡

パラジェルの取り扱いサロンは徐々に増えているようです。自宅や職場の近くに新しくサロンができているかも。爪が薄くなることでなかなかジェルネイルを続けられなかった方、おすすめです。

ネイルデザインはこちらをチェック

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1" data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="2"