パラジェルとは?ネイルのオフ・持ち・取れやすい?気になるQ&A集

パラジェルって知っていますか?パラジェルとは自爪を一切削らないジェルネイルのこと。パラジェルのオフやネイルの持ち、値段、取れやすいの?などの疑問についてQ&A形式でまとめました。自爪が傷まないのでネイルをお休みする必要がないのがうれしい♡パラジェルは爪先の乾燥や爪の老化による縦線が気になりはじめたアラフィフにおすすめです。

パラジェルとは?

パラジェルの1番の特長はサンディング不要

パラジェルとは、自爪を削る必要のない=サンディングが不要のLEDジェルネイルのこと。

爪は外側から背爪(トッププレート)、中間爪(ミドルプレート)、腹爪 (アンダープレート)の3層になっています。

従来のジェルネイルは、背爪(トッププレート) を削ることによってジェルを密着させているため、ネイルを続けていると爪が薄くなり、折れたり反り返ったりしてしまうことがありました。

一方、パラジェルは一切サンディングしないため、健康な爪でネイルを楽しむことができるんです♡

さらにLEDの硬化速度が30秒と早いところや、とっても豊富なカラー展開も魅力です。

パラジェルを1年間続けてわかったことをレポートしました。こちらの記事をチェック↑してみてくださいね。

パラジェル、オフするとき削ってる?

オフの時、自爪は削りません

パラジェルをオフするときに削っているのは自爪ではなく、トップジェルとカラージェルの部分です。

基本的にパラジェルは、自爪にベースジェル→カラージェル→トップジェルの順に3種類のジェルを使っています。

この3種類が1つになったオールインワンジェルというアイテムもあるようですが、持ちが良くないので、プロのネイリストさんはほとんど使用しないといわれています。

パラジェルをオフするときに、この3種類のジェルのうち薬液に溶けにくいカラージェルとトップジェルの部分をマシンで削ります。

つまり、マシンオフの段階では自爪にはまだベースジェルがついたままの状態です。

ベースジェルは、コットンにパラリムーバーを含ませたものをアルミホイルで巻いて放置。そしてメタルプッシャーで優しくオフします。

パラジェルの持ちは?取れやすいの?

パラジェルの持ちは3~4週間、ベース選びがポイント

パラジェルは取れやすいとの口コミもありますが、 パラジェルの持ちは従来のジェルネイルよりも長いのがうれしいポイント。

健康な爪の場合で3~4週間持つといわれています。

パラジェルの持ちや取れやすさはネイリストさんの知識と技術力によって左右されます。

「知識と技術力」…具体的には、ベースジェルについての知識と技術力がポイントになります。

パラジェルのベースジェルは3種類あります。個人のライフスタイルや爪の状態によってベースジェル選び方や使い方をカスタムすることで、パラジェルの持ちに差がでるんです。

  • クリアジェル
    最もベーシックなベースジェル。

  • アートクリアジェル
    自爪が薄くなっていたり凹凸があったりする場合におすすめのジェル。

  • クリアジェルEX
    水仕事が多い場合やリフトしやすい場合に向いているジェル。

そのため、はじめて行ったネイルサロンで施術してもらったパラジェルの持ちが悪くても、2~3回は同じところに通ってみるのがおすすめです(もちろんネイリストさんの知識・技術力とともに相性も重要ですね)。

毎回同じネイリストさんに状況を見せ、こちらの希望をお伝えすることにより、ベースジェルをクリアジェルからクリアジェルEXに変えてみるとか、それでも持ちがよくない場合には、クリアジェルEXを2度塗りするとか、知識と技術力のあるネイリストさんなら対応してくれますよ♡

パラジェルは3週間持つ?施術当日と3週間後を比較

パラジェルは、しっかりとした知識と技術力のあるネイリストさんに担当してもらえば、私の場合、3週間余裕で持ちます♡

3週間を超えると、パラジェルはきれいなままでも爪がしなるような、折れそうな感じがするので、そろそろオフのタイミング。毎回3週間~4週間以内で次の予約をしています。

※パラジェルの持ちは個人差があるのであくまでも私の感想です。

パラジェル施術当日と3週間後の画像を掲載しましたので、チェックしてみてくださいね。

パラジェルの持ち 施術当日の画像

パラジェル施術当日の画像です。

パラジェルを続けて1年の健康な爪に、白フレンチ&シルバーラメライン&シェルグラデーションのデザインネイル。

PC業務が多く、水仕事(通常の家事ですね)も毎日。さらにガサツなので、普通のベースではなかなか持ちません。

そのため、クリアジェルEXを2度塗りしています。

パラジェルの持ち 施術3週間後の画像

パラジェル施術3週間経過した画像です。

指先が見えやすいように、角度を変えてみました☆

爪の根元がだいぶ伸びてきましたが、デザインネイルはそのままツヤッと☆ネイルのリフトも欠けもありません。

パラジェルの値段は?

パラジェルの値段は6,000~10,000円くらい

パラジェルの値段は、デザインやサロンの所在地によって変わりますが、大体6,000~10,000円の間くらい。

従来のジェルネイルよりも若干安い印象ですね。

パラジェルは初回クーポンの利用で安くなるサロンもあるので、リサーチして前もって予約。お得にきれいになりましょう♡

パラジェルのデザイン集

上品ワンカラーネイル

肌を上品・クリーンに魅せる淡いピンクベージュ。シンプルなワンカラーネイルはロングネイルにするとエレガントさがUPします。サンディング不要のパラジェルだから、しっかりとした健康的な爪でロングネイルを楽しめます。

ベージュ×ブラウンの秋ネイル

秋らしいこっくりとしたベージュにブラウンとゴールドのアートが大人っぽいネイル。ウォームカラーで秋のおしゃれがもっと楽しくなりそうです。

ベイクドカラーのワンカラーネイル

流行りのベイクドカラーのパラジェル。 なじみのないカラーもベイクドカラーなら、大人女子も抵抗なく取り入れらそうですね。

スモーキーカラーの大人ネイル

ピンクブラウンの大理石ネイルが大人っぽい仕上がり。ベージュや白、黒のワントーンコーデに合わせてみたい、モードでエレガントなネイルです。

パラジェルでネイルを楽しもう

健康的な爪でネイルが楽しめるパラジェル。指先がきれいだと気分が上がります。自分に合ったサロンが見つかりますように。

パラジェルはこちらの記事もチェック☆

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1" data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="2"