【サングラスの選び方&種類】顔型・レンズの色・眉の形がポイント

サングラスの選び方&種類特集。ギラギラとした日差しの元、紫外線が気になりますね。今回はおしゃれなサングラスの種類と自分の顔型に似合うサングラスの形・選び方を紹介します。人気のサーモントやウェリントンなど、おすすめのサングラスも。

そろそろサングラスが欲しい季節

紫外線が強くなってきた今日この頃。

夏へ向かって日に日に紫外線は強くなっていきます。皮膚だけでなく目から吸収された紫外線は、白内障や眼精疲労、シミ・そばかすの原因になるといわれています。

お出かけに運転に、紫外線が気になるシーンでは日焼け止めクリームとともにサングラスも忘れずに。今回は自分に似合うサングラスの選び方を紹介します。

サングラスの種類

バリエーションが豊富なサングラス。まずはポピュラーなサングラスをチェック。どの形のサングラスが好き?自分に似合うサングラスを選びましょう。

サングラスの種類 ①ウェリントン

ベーシックなウェリントンは丸みを帯びた台形のシルエットが特徴。落ち着いたメンズライクな雰囲気になり、初めてのサングラスとしてもおすすめです。

サングラスの種類 ②サーモント

フレームの上部が太く、まるで眉のようなシルエットが特徴のサーモント。トレンドアイテムなのでサーモントをかけるだけでおしゃれな雰囲気になりますよ。

サングラスの種類 ③ボストン

幅広の丸いフレームが特徴のボストン。ウェリントンやサーモントなどスクエアのフレームよりも優しい雰囲気に仕上がります。

サングラスの種類 ④ティアドロップ

ティアドロップ=涙のしずくのようなシルエットが特徴のサングラス。ミニタリーコーデやジャケットコーデなど幅広い着こなしと相性抜群です。広いレンズで紫外線からしっかりガードします。

サングラスの種類 ⑤フォックス

つり目のシルエットが特徴のフォックス。 リフトアップ効果のあるシルエットで若々しく、フェイスラインをシャープかつスタイリッシュに見せることができます。

サングラスの種類 ⑥ラウンド

おしゃれでレトロな雰囲気のラウンド。丸いフレームのサングラスは顔の印象を優しく柔らかく見せる効果があります。

サングラスの選び方 3つのポイント

自分に似合うサングラスを選ぶには、3つのポイントをおさえましょう。

選び方のポイント ①自分の顔型と相性の良い形選び

自分の顔型とは逆のシルエットのサングラスを選ぶのがコツ。顔型と同じシルエットのサングラスだと、輪郭をさらに強調してしまうから。

例えば、丸顔さんは四角いものを、三角顔さんは丸いものを選ぶようにすると◎です。

そして、顔の横幅=サングラスの横幅となるものを選ぶと、サングラスが顔に馴染み、ナチュラルでスマートに仕上がります。

選び方のポイント ②シーン合ったレンズの色 

肌なじみや機能性、サングラスをかけるシーンによってぴったりのレンズの色は異なります。 その日のコーディネートに合わせても素敵ですね。

選び方のポイント ③ 自分の眉のかたちに合ったフレーム 

サングラスをかけた時、眉のラインに沿うようなシルエットで程よく眉が隠れるようなフレームをチョイス。

サングラスの選び方 ①顔型

丸顔さんのサングラスの選び方

丸顔さんは、顔の縦:横の比=1:1で丸味を帯びたフェイスラインが特徴。

丸顔さんに似合うサングラスは、ベーシックな「ウェリントン」や上部の太いフレームが特徴の「サーモント」です。いずれもエッジがあり、程よいトレンド感とカジュアルさがポイントです。

「ウェリントン」 や「サーモント」 のサングラスは、可愛らしく若々しい印象の丸顔さんの印象を引き締めて、知的で大人っぽいキリっとした印象を与えます。

面長さんのサングラスの選び方

面長さんは、顔の横幅:縦幅の比=2:3で縦長の印象が強い輪郭。

大人っぽい印象の面長さんには「ウェリントン」がどの顔型よりも似合います。どんなサングラスも馴染み、「ボストン」「ティアドロップ」もおすすめです。

横広がりのシルエットで視線を横へそらす効果のあるサングラスは、面長さんのの輪郭と好バランス。

逆三角顔さんのサングラスの選び方

シャープな顎が特徴的な逆三角形さんに似合うサングラスは、ラウンド型のシルエットの「ボストン」。柔らかく落ち着いた印象に仕上がります。

逆三角形さんにはセクシーな「フォックス」、ベーシックな「ウェリントン」もおすすめです。

ベース型さんのサングラスの選び方

メリハリのあるシャープなフェイスラインが特徴のベース型さんに似合うサングラスは「ラウンド」。

ベース型さんの輪郭とは対照的な丸いフレームが、顔の印象を和らげる効果があります。

落ち着きのある優しい雰囲気になる「ボストン」もおすすめ。

サングラスの選び方 ②レンズの色

自分の顔型に似合うサングラスかたちとともに大切なのが、レンズの色。自分の肌色に合うレンズで、機能やシーンによって選びましょう。

サングラスの色は大きく分けて5種類あります。

レンズの色の選び方 ①グレー系

オールラウンドなカラー、グレー系。まぶしさを和らげる効果が最も高い色です。 落ち着いたおしゃれな印象に仕上がります。

レンズの色の選び方 ②ブルー系

クールな印象のブルー系のサングラスは、黄色や赤い光を抑えます。 ドライブやサイクリング、ビーチなどにぴったりです。

レンズの色の選び方 ③ブラウン系 

グレー系の次にまぶしさを和らげる効果が高いブラウン系のサングラス。肌なじみが良く優しい雰囲気に仕上がります。青色の光を抑えるため、日中のドライブやゴルフに最適。

レンズの色の選び方 ④グリーン系

グリーン系のサングラスはかけた時もナチュラルな色調になるのでリラックス効果があります。アウトドアにおすすめのカラーレンズです。

レンズの色の選び方 ⑤ミラー系

鏡のように反射するミラー系。他のカラーレンズが光を吸収するのに対して、ミラー系は反射するのが特徴です。レンズの裏側からの光も反射してしまうため、気を付ける必要が。

サングラスの選び方 ③眉とのバランス

それぞれ違う眉のシルエット。サングラスはできるだけ眉と同じカーブを描くものを選びましょう。眉が程よく隠れるくらいが◎です。ナチュラルな印象になりますよ。

眉全体が隠れるような大きなレンズのサングラス、ビッグフレームもアラフィフにおすすめ。大きなレンズだから紫外線からしっかりガードし、小顔効果も。

アラフィフにおすすめサングラス

ニュアンスカラーとエレガントなシルエットがアラフィフにぴったりなの素敵なサングラスをピックアップ☆

①Ray Ban(レイバン)のサングラス

サングラスといえばレイバン。有名かつリーズナブルなのが魅力のブランド。紫外線100%の機能性もエレガントさも兼ね備えた1本はおすすめです。

ちょっぴりつり目のウェリントンが、アラフィフのフェイスラインをリフトアップさせる効果も。 ベーシックな黒やべっ甲の次には、こんなちょっぴりおしゃれなサングラスはいかがでしょう?

②Dior(ディオール)のサングラス

目尻がすっと上がったフォックスでアラフィフのフェイスラインを上向きに。

ディオールのクリアなグレーのサングラスは、暑い夏でも涼しげな雰囲気に仕上がります。涼感を感じさせるアクセサリー選び、心がけたいですね。

③Salvatore Ferragamo(サルバトーレ フェラガモ)のサングラス

コンサバで上品なブランド、フェラガモのサングラスはカーキをチョイス。ナチュラルカラーと細身のフレームは、顔なじみの良い組み合わせ。

夏にぴったりのゴールドのシンプルな金具が、アラフィフの肌を華やかに見せます。

似合うサングラスを見つけよう

自分に似合うサングラスで、初夏~盛夏をもっとおしゃれに。お気に入りのサングラスがあれば、紫外線の強い日のお出かけもうんと楽しくなりそうです。

日傘・麦わら帽子もあわせてチェック

 

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1" data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="2"