50代コーディネートのコツ【スカート編】人気ブランドお手本コーデ

50代のコーディネートのコツ、今回はスカート編。ジーンズやパンツを手に取ることが多かった子育て期を経て、改めてスカートが着たくなる年頃、50代。50代のファッションコーディネートのコツと痛くないファッション、そして人気ファッションブランドのお手本コーデを紹介します。

50代スカートコーディネート、3つのコツ

50代のコツ 1.スカート丈は膝が隠れる長さで

加齢とともに膝上の肉がたるみがちな50代、よほど美脚に自信がない限りは、スカート丈は膝が隠れる長さが安全です。

膝が隠れる長さ~ミモレ丈~トレンドのマキシ丈まで、バリエーション豊富なスカート丈。自分の脚が最もきれいに見える丈を知っておくと便利です。

50代のコツ 2.背が低い方は縦長ラインを意識して作る

背が低い方のスカートコーデは、縦長ラインを意識して作ると◎です。

例えば、上半身をコンパクトにして、スカートは長く。また、流行りのボリュームトップスなら、膝下のタイトスカートにウエストインで着こなすなど、ちょっと意識するだけで縦長ラインを作ることができますよ。

50代のコツ 3.痛いスカートコーデは膝上のフレア

50代の痛いスカートコーデは、膝上のフレアスカート。膝上のタイトスカートも避けた方が無難なアイテムですが、甘さが加わるフレアスカートはさらに危険。

50代のスカートコーデ お手本コーデ

①ラップスカート×パーカーのスポーツMIXコーデ

ドレステリアのロングセラー、ネイビーのジップアップパーカーにウエストリボンラップスカートのコーディネート。ウエストリボンの甘さがスポーツMIXコーデにちょうどいい♡50代もぜひ取り入れたいスポーツサンダルを合わせて。

ドレステリアのラップフレアースカート

お手本コーデの色違い、ライトグリーンのラップフレアスカート。色が違うとまた雰囲気が変わりますね。シンプルな白いトップスをウエストインで着こなしたい。

②リネンマキシスカート×大人コクーンパーカー

ちょっとした羽織りが欲しい季節にヘビロテ確実なコクーンパーカー。大人っぽいダークカラーに軽やかなリネンマキシスカートがおしゃれなコーデはeclat magazine。50代向けのファッション雑誌にはコーデのお手本がたくさんありますよ。

イーバイエクラのリネンマキシスカート

ウエスト回りはコンパクト、フロントよりもバックにボリュームがあるリネンフレアスカート。デイリーはもちろん、バカンスにも連れていきたい1着です。

③フレアミモレスカート×ボーダーTシャツコーデ

はっとするほど鮮やかなピンクのフレアスカート。8枚ものパネルで作る美しく贅沢なマーメイドラインはマディソンブルーならでは♡太めボーダーTシャツを合わせてカジュアルダウン。

マディソンブルーのパネルミモレフレアスカート

見ているだけで気持ちが華やぐ、マディソンブルーのフレアスカート。贅沢なマーメイドシルエットのスカートは、おしゃれをするドキドキ感を味わえる1着。

④Aラインロングスカート×ノースリーブコーデ

ハリのあるコットン100%の素材を使ったユナイテッドアローズのAラインマキシスカート。二の腕が気になる50代におすすめのノースリーブ、フレンチスリーブを合わせてすっきりコンパクトなコーディネート。

ユナイテッドアローズのAラインマキシスカート

ウエスト回りはすっきりと、裾に向けて広がるきれいなAラインシルエットのマキシスカート。スカートの分量が多いから、トップスはコンパクトなアイテムがおすすめです。

50代、スカートコーデ楽しもう!

久々のスカートコーデ、まずはロングスカートから始めると簡単かもしれません。流行りのポインテッドフラットやスニーカーとも相性の良いロングスカートコーデ、楽しみましょう。

50代コーデのコツ、こちらもチェック

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1" data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="2"