梅雨前の大掃除で家じゅうすっきり 快適で気持ちの良い暮らし

青空と降り注ぐ太陽の光が初夏を感じさせる季節。梅雨前の大掃除で、すっきり快適な空間づくりをしませんか?梅雨前に衣替えも済ませて、じめじめしがちな梅雨を気持ちよく過ごす準備をしましょう。

梅雨前の大掃除がおすすめな理由

Photo by Daiga Ellaby on Unsplash

大掃除って年末にするイメージをお持ちの方も多いでしょう。どうして梅雨前の大掃除がおすすめなのか、理由は3つあります。

理由1. 爽やかな気候で身体を動かしやすいから 

日によっては半袖で過ごすのが気持ちの良い梅雨前だからこそ、アクティブに大掃除をするチャンスです。家じゅうの窓を開けて、風通し良くお掃除できるのも
梅雨前だからこそ。

理由2. 大きな洗濯物が乾きやすいから 

そろそろ日差しが強くなってきた梅雨前の今、カーテンやラグ、毛布なども洗濯してしまいましょう。1日快晴の日であれば、朝干したものは夕方には乾いています。

冬用のあたたかなベッドリネンも蒸し暑くなる梅雨前にさらりとした麻に衣替えしても良いですね。

理由3. 衣替えのタイミングで収納部分を風通し良くできるから

GW前後までは三寒四温の時期でなかなか衣替えできないもの。 梅雨前の今、そろそろかさばるダウンコートやベスト、冬物衣類をクリーニングに出してしまいましょう。クリーニング店の保管サービスを利用すれば、冬までクローゼットはすっきり!

梅雨前の大掃除 ポイント

梅雨前の大掃除のポイントは「除菌・除湿・防水」。食中毒が心配なキッチンや、カビが気になるバスルームや洗濯機などの水回りは、梅雨前の大掃除ですっきり&カビ対策を。そして日々除菌を心がけて。

梅雨前の大掃除 ①キッチン

Photo by LUM3N on Unsplash

まずはコンロやレンジフードの油汚れの除去から。この時におすすめなのが、アルカリウォッシュ(=セスキ炭酸ソーダ)。これを水に溶かしてスプレーすると油汚れが簡単に落とせます。

意外と汚れている電子レンジ内や冷蔵庫の中もアルカリウォッシュできれいに掃除しましょう。

毎日使う包丁やまな板、ふきん、シンクはしっかり除菌を。食中毒予防にはこまめな除菌を心がけたいですね。

梅雨前の大掃除 ②バスルーム

Photo by Chastity Cortijo on Unsplash

カビが気になるバスルームは「乾燥」がキーワード。入浴後には毎回掃除し、窓を開けて、換気扇をON!

結露が気になる場合には スクイージーで水切りをしたり、バスチェアや洗面器などの小物は、タオルで水気を拭きとって外で干すなどの工夫も。

梅雨前の大掃除 ③玄関

Photo by Jaclyn Moy on Unsplash

狭く湿気がこもりがちな玄関・靴箱。梅雨前、靴箱からはすべて出し、掃除し水拭きを。しっかり乾かしてから収納します。梅雨対策として、防水スプレーを施しておくのも◎です。このひと工夫で、お気に入りの小物が長持ちするので、梅雨前の準備として忘れずに。靴だけでなくバッグや傘などにも使えますよ。

1度履いた靴は、そのまますぐに靴箱に入れず、少なくとも1日乾かしてから収納することが大切です。

冬用のブーツは丁寧に磨きケアして、除湿剤とともに不織布に入れておくとほこり除けにもなりおすすめです。

梅雨前の大掃除 ④クローゼット

Photo by Andy Fitzsimon on Unsplash

衣替えは、1度着た衣類も洗濯orクリーニングに出しましょう。衣替えとあわせて着ない衣類を処分するのも◎です。

一旦クローゼットのものをすべて出し、掃除機をかけましょう。収納時には、物を詰め込み過ぎず、8割程度にとどめるのがコツ。8割収納にすることで使いやすく、風通しが良くなり、湿気がこもりにくくなる効果も。

仕上げに除湿剤を入れて。湿気のたまりやすい1番下に入れるのがポイントです。

梅雨前の大掃除で快適に過ごそう

梅雨入り前の大掃除のポイント、いかがでしたか?動きやすい初夏の気候を活かして、大掃除。梅雨の時期を快適に過ごす準備をしましょう。

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1" data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="2"