50代コーディネートのコツ「痛くないファッション」とは?

「何を着ても似合わない」ある日突然、ファッション迷子になってしまった経験はありませんか?50代のコーディネートのコツは「痛くないファッション」を意識すること。「痛くないファッション」と「痛いファッション」のポイントを押さえて、今日からコーディネートを更新しましょう。50代をきれいに見せるおすすめブランドも紹介します。

【50代のコーデ】痛くないファッションとは ①上品であること

きれいめもカジュアルも、50代のコーディネートのコツは「上品さ」。

加齢とともに失われる肌や髪のハリ・ツヤ。それらを意識的にケアすることで、コーディネート全体の印象がぐっと垢抜けます。

特に目につきやすいまつ毛・指先・毛先・つま先など「先端」はこまめに手入れをしたい♡

【50代のコーデ】痛くないファッションとは ②体型に合っていること

加齢とともに丸みを帯びる体型。「好きだから」「高価だったから」とサイズアウトした洋服を無理に着ていませんか?

50代、普段あまり意識することのない後ろ姿。思いのほか、下着やパンツのヒップラインが身体に食い込んでいることも。

体型に合ったものを身に着けることは、二の腕やウエスト、ヒップラインなど体型カバーにも効果的です。

ラグジュアリーブランド、プチプラブランドなどアイテムの価格に限らず、体型に合ったものを身に着けることが上品さにもつながります。

【50代のコーデ】痛くないファッションとは ③程よいトレンド感があること

50代のシンプル&カジュアルすぎるコーディネートは老けて見えることも。自分の好みがはっきりとわかってきた50代だからこそ、お気に入りのワードローブにちょっとトレンドアイテムを加えてみましょう。

例えば、シューズやアクセサリを一新したり、シンプルなパンツにトレンド感のあるトップスを合わせてみたり。

攻めすぎない程よいトレンド感を取り入れることでいつものコーデがより新鮮になりますよ。

【50代のコーデ】きれいに見せるおすすめブランド

アラサーやアラフォーの頃とファッションの好みは変わらなくても、アラフィフになっても同じようなコーディネートをすると痛くなってしまう原因に。

そんな時には50代女性をきれいに見せてくれる女性ファッションブランドに頼るのが1番効果的な方法かもしれません。

こちらの記事では、アラフィフに人気のマディソンブルーやローベリテアンドシーオー、ギャルリーヴィー、デプレなど大人女子をきれいに見せる素敵な8ブランドを紹介しています。

【50代のコーデ】女性向けファッション雑誌もお手本に

50代女性向けのファッション雑誌もコーディネートのお手本にぴったり。最近では雑誌掲載アイテムを購入することができる公式通販サイトもおすすめ。50代をきれいに見せるトレンドのアイテムが一目瞭然です♡

【50代のコーデ】痛いファッションとは ①若作り

50代の痛いファッションの原因は若作り。若作りとは具体的にはどういうことなのでしょうか?

若い頃は「好きなもの」と「似合うもの」がリンクしていました。だからこそ「好きなもの」をそのまま取り入れるだけで、可愛く着こなせてた方も多いでしょう。

でも50代になると「好きなもの」と「似合うもの」がだんだんと離れて行ってしまうことが。若い頃からの「好きなもの」を50代になっても着てしまうと、若作りになってしまうわけです。

若作りにならないために

自分に似合うものを知ること。上品なブランドの中から好きなもので似合うものをチョイス。

たくさんのフリルなど甘過ぎるものや若い人向けのブランドは、50代は避けたほうが無難です。

【50代のコーデ】痛いファッションとは ② 過度な露出

ミニスカートやオフショルダーなど、若さを武器に着こなすアイテムを50代が取り入れると、あっという間に若作りな印象に。

加齢とともにミニスカートが似合わなくなる最も大きな原因は、膝上のたるみ。オフショルダーが痛く見えるのは、肌のハリ・ツヤのなさが原因です。

過度な露出にならないために

過度な露出=痛いファッションとならないためには、丹念なお手入れと露出のバランスがポイントです。

例えば、ミニスカートを履くなら、しっかり鍛えて程よいヘルシーな肌色にしたうえでツヤを与えるなど、「かっこいい、見せられる状態」にすること。

そして脚を出す分、トップスはメンズライクなシャツなどで肌の露出を控えめにしてバランスをとること。

とはいえ丹念なお手入れはなかなか難しいものですね。50代はマニッシュなシャツ×パンツコーデで、シャツのボタンをひとつ多めに開けるくらいがセクシーで上品なコーディネートに仕上がります。

【50代のコーデ】痛いファッションとは ③古臭さ

「好きだから」「高価だったから」 と年季の入ったアイテムを着てしまうと古臭さの原因に。

ファッションだけでなく、ヘアメイクが古臭さを出してしまうこともあります。人生で最も輝いていた時代、若い頃のヘアメイクを引きずっていると、いくらトレンドのファッションを着ていても一気に古臭くなってしまうので気を付けましょう。

古臭くならないために

ファッション、ヘアメイクをアップデートしましょう。

近年、これまでのミセス向けとは全く違う、50代を素敵に見せるブランドが続々登場しています。

事前に自分でリサーチしたうえで「好きなブランド」を見つけること。そしてショップにて試着。

ショップスタッフに「似合うもの」を教えてもらうことも、古臭さを解決するひとつの方法です。

 

ヘアメイクにもトレンドがあります。

最近のヘアはあまり梳きすぎず程よく重め。

メイクも細眉ではなくナチュラルな太眉へシフトしています。

トレンドを柔軟に取り入れることで、脱・古臭いファッション。そして新しい自分を発見する楽しさもありますよ。

【50代のコーデ】痛いファッションとは ④全身プチプラ

ユニクロやGU、ザラなど、プチプラかつ超優秀なアイテムが揃うと人気のブランド。

しかし50代が全身プチプラブランドコーデにしてしまうと痛さの原因に。全身プチプラでもおしゃれにキマるのは若さあってのことです。

プチプラを取り入れるには

プチプラアイテムはピンポイントで取り入れるのが◎です。例えばTシャツやシンプルニットなどベーシックなもの。

プチプラとはいえ、できるだけ試着してから購入すると失敗が少ないですよ。

50代、もっとファッションを楽しもう

50代のファッションコーディネートは、自分が「好きなもの」と「似合うもの」の差をできるだけ近づけて、もっと素敵に。もっと楽しく。

50代コーデ、雑誌やインスタも要チェック

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1" data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="2"