50代「痛いファッション」とは?痛いおばさんファッション回避のポイント&リンク集









50代が気になるワード「痛い」。「痛いって思われたくない」、つまりは「かっこいいおばさんファッション」や「50代おしゃれな人」について知りたいということなんですね。今回は痛いファッション」について、回避のポイントをリンク集というかたちで紹介します。

50代、「痛い」ってワードが気になる

50代、アラフィフのファッションについて、よく目にするワード「痛い」。

「痛いってどういうこと?」「痛いおばさんとは?」「50代の若作りって痛い」などなど。いずれも、年齢を重ねて、似合うファッションが見つからずファッション迷子になった時、特に「痛い」が気になってしまうようです。

「痛いって思われたくない」、つまりは「かっこいいおばさんファッション」や「50代おしゃれな人」について知りたいということなんですね。

MELLOWでも「痛いファッション」についてさまざまな角度から取り上げています。今回はそんな「痛いファッション」について、回避のポイントをリンク集というかたちで紹介します。

①50代、痛いファッション【回避する方法】

そもそも「痛くないファッション」「痛いファッション」とは何だろうというところからはじまり、回避する方法を紹介。

50代、痛い回避の方法「ブランド」

「痛いファッション」を回避するための具体的な方法のひとつ、50代をきれいに見せてくれるファッションブランドに頼ること。大人女子に人気ブランドのリンク集になっています。

50代、痛い回避の方法「雑誌に頼る」

「痛いファッション」を回避するための具体的な方法のひとつとして、ファッション雑誌に頼ること。年齢に合った雑誌を読むことで、50代をきれいに見せるブランドやコーディネートについて、手軽にインプットできます。

50代、痛い回避の方法「おしゃれなインスタグラマー」

見ているだけで気持ちが上がる、おしゃれなインスタグラマーを紹介。オンオフとも素敵なコーディネートやプチプラブランドの取り入れ方なども参考になります。

50代、痛い回避の方法「きれいな有名人」

50代、アラフィフの有名人(女優からモデル、スタイリストやタレント)のインスタや公式サイト、美容ルーティーンなどを紹介。

②50代、痛いファッション【アイテム別攻略法】

50代、痛い回避の方法「ギンガムチェックスカート」

春から夏にかけて着たくなるギンガムチェックスカート。「そもそも年齢的に痛い?」ってところから気になる50代が多いようです。ギンガムチェックスカートの選び方~コーディネートまで網羅。

50代、痛い回避の方法「花柄ワンピース」

通年着られるアイテムの多い花柄ワンピース。痛い花柄ワンピースの特徴と、50代がおさえたい花柄ワンピースを紹介。

50代、痛い回避の方法「水着」

夏になると気になる水着。せっかくだからトレンドの水着を楽しみたいけれど・・・痛い水着とは?人気ブランドの最旬水着を紹介。

50代、痛い回避の方法「スカート」

鍛え上げた美脚なら何の心配もいらないスカートコーデ。トレンドのロングスカートブームを追い風に、スタイル別に紹介。

50代、痛い回避の方法「ピンクのアイテム」

「50代着てはいけない色」などでよく挙がる色、ピンク。そんなことはありません。甘い印象のピンク、甘さ控えめのアイテムを選べばうまくいく♪

50代、痛い回避の方法「花柄スカート」

花柄ワンピースと同じく、「痛い?」と気になる花柄スカート。痛くならない選び方とトレンドコーデを紹介。

50代、痛い回避の方法「帽子」

帽子については「痛い」よりも「おばさんに似合う」アイテムが知りたい方が多いようです。どんな帽子が50代をきれいに見せるのか、選び方のポイントとおすすめブランドを紹介。

50代、痛い回避の方法「デニムシャツ」

一見難易度の高いデニムシャツ。「痛い」よりも「ダサいのではないか」が気になる方が多いようです。上級者向け、デニムonデニムの攻略法も。

50代、痛い回避の方法「ノースリーブ」

さまざまなバリエーションのあるノースリーブトップス。二の腕が気になる50代向けの選び方~トレンドアイテムまで。

③50代、痛いファッション【ネイル・メイク攻略法】

50代、痛い回避の方法「ネイル」

「50代、ネイルって痛い?」・・・いいえ、そんなことはありません。ただデザインによっては痛くなる。「長すぎ・盛りすぎ・可愛すぎ」などハンドネイルに過剰さはNG。大人におすすめのネイルを色別に。

50代、痛い回避の方法「毛先のパサつき」

どんな素敵なコーディネートも台無しにしてしまうパサついた髪。毛先のパサつきの原因から対策まで。

50代、痛いファッション回避!

50代が気になるワード「痛い」。アイテム選びやコーディネートなどちょっとしたポイントで回避できることがほとんどです。痛いファッション、上手に回避✩