ヘアオイルおすすめ4選☆トリートメントやスタイリングに取り入れて

加齢とともに失われる髪のツヤ・潤い。ヘアオイルで髪に輝きを与えませんか。トリートメントとしてもスタイリング剤としても使えるおすすめのヘアオイルを紹介します。美容師さんおすすめのヘアオイルもチェック☆

おすすめヘアオイル

①メルヴィータのヘアオイル

ビオオイル
オフィシャルサイト表示価格:3,600円/50ml

100%ナチュラルなアルガンオイルを使った贅沢なオイル。 低温圧搾で抽出した一番搾りのオイルを使用しています。

ヘアオイルとしてだけでなくフェイスにもボディにも全身これ1本でOK。メルヴィータのオイルはこってりとした濃厚なテクスチャー。1滴を髪になじませるだけでツヤ・潤い、そして弾力を感じる仕上がりに。

②大島椿のヘアオイル

マルチオイル
オフィシャルサイト表示価格:1,210円/40ml

大島椿のロングセラーアイテム、マルチオイル。しっとりとしたテクスチャーでのびがよく、ほんの少量で潤い・ツヤがアップします。硬毛・多毛で広がりやすい髪質に特におすすめ。

100%天然由来の椿油で無香料。ヘアオイルとしてはもちろん、全身に使えます。

③ミルボンのヘアオイル

エルジューダ グレイスオンセラム
オフィシャルサイト表示価格なし

サロン専売品「ミルボン」のヘアオイル、エルジューダ グレイスオンセラムはバオバブオイルなど3種類のオイルを配合。さらっとした使用感でツヤツヤさらさらの仕上がり。

取り扱いのあるサロンなら、実際に試してから購入できるのがうれしいポイントですね。

④デミのヘアオイル

カテドラル スムース
オフィシャルサイト表示価格:3,200円/100ml

美容室専売品ブランド「デミ」のヘアオイルはシャープなブルーボトルがインパクト大。カテドラルスムースは細毛・軟毛向け。ぺたんこになりがちな髪質に、ツヤと弾力を与えます。

イセベルグ モイスト
オフィシャルサイト表示価格:3,200円/100ml

デミのヘアオイル、イセベルグモイストは 太毛・硬毛 向け。髪にツヤと潤いを与え、ごわつかずなめらかな仕上がりに。

ヘアオイルの使い方

1.スタイリング剤として

シャンプーしタオルドライ後の濡れた髪に、数滴を髪の中間~毛先にかけてなじませます。そしてドライヤーをすると驚くほどツヤツヤしっとり。

用量は髪質をみて少しずつ。髪の根元につけすぎるとオイリーになってしまうので気を付けましょう。

ドライヤーやコテ、アイロンでのスタイルリング後のツヤ出しにもおすすめです。スタイリングの仕上げにヘアオイルを少しなじませると、広がりやすい髪もしっとりとまとまりのある質感になりますよ。

2.トリートメントとして

普段使っているヘアトリートメントに数滴混ぜて使います。髪になじませてから、しばらく放置。洗い流してからドライヤーで乾かすとナチュラルなツヤが生まれます。

3.オイルパックとして

天然のアルガンオイルで行う、オイルパック♡日焼け後やカラーリング後のパサついた髪に潤いを与えたいときにおすすめです。

  1. シャンプー前の乾いた髪をブラッシングし、地肌~毛先まで髪全体にヘアオイルをたっぷりとなじませます。

    特に髪の傷みが気になる場合には、ここでラップをすると浸透力UP。

  2. 30分以上放置してから、シャンプーをします。

ヘアオイルを使うときに気を付けること

1.髪質にあったヘアオイルを選ぶこと

細毛・軟毛の場合、しっとり濃厚なヘアオイルを使うとさらにぺたんこになることも。軽いさらっとした付け心地のヘアオイルを選びましょう。

ただし、ヘアカラーやパーマによる痛みが激しい場合には、それでは物足りないことがあるかもしれません。ヘアオイルを場合によって使い分け。迷ったときには美容師さんに相談するのがおすすめです♡

2.カラーやパーマ前日に天然ヘアオイルはNG

カラーの染まり具合やパーマのかかり具合が悪くなってしまうため、美容室へ行く前日に天然ヘアオイルを使うのは避けましょう。

ヘアオイルでツヤ髪めざそう

さまざまなヘアオイル。自分の髪質にあったヘアオイルでツヤと潤いのある髪を目指しましょう。先端が美しい、素敵なアラフィフに♡

あわせて読みたい

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1" data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="2"