コントロールカラーの使い方&おすすめプチプラコスメも

最終更新日

気になる肌のくすみや赤味。そんな悩みには、コントロールカラーをベースメイクに取り入れてみませんか?グリーンやブルー、イエローなど肌の悩みに合った色のコントロールカラーで肌色を補正しましょう。コントロールカラーの選び方と使い方、おすすめプチプラコントロールカラーを紹介します。

コントロールカラーを使うメリット

コントロールカラーを使う最大のメリットは、ファンデーションを厚塗りしなくて済むこと。

ベースメイク、顔のくすみや色ムラが気になる時って、ついついファンデーションを厚塗りしがち…。

特にアラフィフになると、何かしら肌の悩みを抱えているもの。肌色の悩みのほかに、乾燥やシワも気になる年齢だから、ファンデーションは薄付きに越したことはないんです☆

コントロールカラーは肌色の悩みを補正し透明感がUPするから、ファンデーションの厚塗りで隠す必要がなくなります。

コントロールカラーの選び方

コントロールカラーの色は、パープル・イエロー・グリーン・ピンク・ブルーなどさまざま。

コントロールカラーの選び方は、肌の悩みに合わせること。気になる肌色…例えばくすみや赤味など、肌の悩みと反対色のコントロールカラーで補正します。

透明感UPにはパープルのコントロールカラー

肌のくすみを払い、透明感をUPさせるにはパープルのコントロールカラーがおすすめです。

パープルのコントロールカラーはハイライト効果があるので、部分用として小鼻の脇や鼻筋に入れるのが効果的☆

パープルはブルーのコントロールカラーよりも白浮きしがちなので、ピンポイントで使うのがマスト。特に日焼け肌や色黒の方は塗ったところだけ白浮きすることも。使い方に気を付けてくださいね。

色ムラにはイエローのコントロールカラー

肌の黄くすみ・黒ずみ・色ムラにはイエローのコントロールカラーが◎です。イエローのコントロールカラーは、アラフィフの悩みのひとつ、シミやクマ隠しにもおすすめのカラー。

黄味を帯びた日本人の肌色をナチュラルに明るくトーンアップするイエローのコントロールカラーは、気になるところに部分用としても、化粧下地代りに顔全体に使ってもOKです。

赤味にはグリーンのコントロールカラー

肌の赤味が気になる時におすすめなのがグリーンのコントロールカラー。

グリーンのコントロールカラーは頬の赤みや、赤くなった吹き出物の跡など、気になる部分にピンポイントで使います。

グリーンのコントロールカラーを赤味のない部分に使うのはNG。顔色が悪く見えてしまいます。

血色感UPにはピンクのコントロールカラー

肌に血色感を与えるピンクのコントロールカラー。ピンクのコントロールカラー は、特にブルーベースの色白肌の方におすすめです。

ピンクのコントロールカラーは肌の赤味が気になる部分に使うと強調されてしまうので気を付けて。血色感が欲しい部分にピンポイントで使いましょう。

くすみにはブルーのコントロールカラー

気になる肌の黄味・くすみに効果的なのはブルーのコントロールカラー。ブルーのコントロールカラーは、特にイエローベースの方におすすめのコントロールカラーです。

ブルーのコントロールカラーはクマに重ねてしまうと逆効果なので、目のまわりは避けて、おでこ・鼻筋・頬などにハイライト的に使うのが効果的。

コントロールカラーの使い方

基本的には部分用として。イエローは下地代りも

  1. 洗顔後、基礎化粧品・日焼け止めを塗り、肌を整えます。

  2. 1.の後、しばらく置いてから、コンシーラーを気になる部分につけます。

    この時にこするのはNG。少量を指に取り、トントンと優しくのせていきます。

    イエローのコンシーラーは下地代りとして顔全体に使ってもOKといわれます。自身の肌色との相性を見て、使ってくださいね。

  3. 2.の後、しばらく置いてコンシーラーをなじませてからファンデーションを塗ります。

    コンシーラーを塗った後、すぐにファンデーションを塗ってしまうとよれてしまうことがあるので、少し待ってからがおすすめです。

おすすめプチプラコントロールカラー

資生堂 インテグレートのコントロールカラー

インテグレート エアフィールメーカー【パープル】
990円
パープル・グリーン・イエローの3色展開

エアリーな使い心地なのに、しっかり肌色補正するインテグレートのエアフィールメーカー。

パール1粒分を気になるところに乗せて、軽くたたくようになじませます。毎回使用量が少ないから、意外と長持ち♡

肌色補正しながら、化粧崩れもしにくい、プチプラかつ実力派アイテムです。

セザンヌのコントロールカラー

セザンヌ UVウルトラフィットベースN
748円
ライトピーチ・ライトベージュ・ライトブルーの3色展開

保湿力・気にならない程度のパール感がちょうどいいと人気のセザンヌのアイテム。

のびがいいから少量でナチュラルに肌色補正が叶います♪

カネボウ メディアのコントロールカラー

カネボウ メディア メイクアップベースS
640円
オレンジ・グリーンの2色展開

さらっとしたのびの良い使用感と、ナチュラルな肌色補正効果が人気です。

程よいツヤと保湿効果もあり下地効果としてもおすすめのアイテム。

コントロールカラーで薄化粧♡

肌の悩みはコントロールカラーで上手に補正。薄付きベースでナチュラル上品なベースメイクに仕上げましょう。毎日のメイクをもっと楽しく♡美しく♡

こちらの記事もチェック

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1" data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="2"