50代のピンクコーデ【夏】痛い?似合わない?いいえそんなことはありません|人気のくすみピンクコーデも

icon icon





50代のピンクコーデ【夏】特集。「ピンクって痛い?」「ピンクって似合わない?」と気になる方が多い50代。似合わないピンクの着こなし方や人気のくすみピンクコーデを紹介します。<PR>当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

50代のピンクコーデ、痛くしないポイント

①パーソナルカラーに合ったピンクを着る

似合うピンクと似合わないピンクがある、そんな経験ありませんか?

それはパーソナルカラーによって似合うピンクとそうでないものがあるから。まずは自分の肌に似合うピンクを知るところからはじめましょう。

肌タイプ別のパーソナルカラー診断で、イエローベースかブルーベースかチェック。

そしてイエローベースのスプリングかオータムか、ブルーベースのサマーかウィンターかを診断することによって、自分に似合う色がわかります。

自分に似合う色ではないピンクを着たい場合、ボトムスなど顔から離れたところに取り入れるのがおすすめです。

②年齢的に【痛いアイテム】は絶対に避ける

50代が着ると痛いアイテムとは?多くのアラフィフが気になる様子。

50代が着ると痛いアイテムとは、ミニスカート、フリフリの甘過ぎるワンピースなど。

50代がやってはいけないピンクコーデとは、甘すぎ&露出過多、若作りなコーデ。若かりし頃手にした赤文字系の雑誌に出ているようないわゆるデート服とかモテ服。

ただでさえ甘いイメージがあるピンク。50代が着ると痛いアイテム&ピンクとなると、痛さはさらに倍増します。

50代に合うピンクアイテムは、大人をターゲットにしたブランドやセレクトショップで選べば大丈夫♡

50代のピンクコーデ【夏】ピンクトップス

鮮やかなピンクのクルーネックカーディガンが主役のコーデ。シンプルなTシャツ×パンツコーデに合わせて。

E by eclatのピンクカーディガン

袖口や裾など立体的なシルエットが可愛いクルーネック半袖カーディガン。1枚でも羽織としても活躍します。

ピンクコーデに合わせたパンツ

タック入りのカーヴィーパンツは履くだけで、旬のコーデが完成すると人気のアイテム。楽ちん・軽やかな履き心地。

50代のピンクコーデ【夏】くすみピンクトップス

ダスティピンクTシャツ×カーキカーゴパンツのくすみカラーコーデ。白い小物でコーデに抜け感をプラス。

E by eclatのピンクTシャツ

イエベのオータム&スプリングに似合うくすみピンク、ダスティピンクのTシャツ。五分袖で着痩せ効果抜群。

ピンクコーデに合わせたパンツ

E by eclatの大ヒットアイテム、カーゴパンツ。脚長効果のあるテーバードシルエット。ウエストはバックゴム。

50代のピンクコーデ【夏】ピンクスカート

ピンクのフレアスカート×白ブラウスのフェミニン夏コーデ。似合わないピンクはボトムスに取り入れて。

ピンクコーデに合わせたブラウス

ボディラインを拾わないゆったりとシルエット×とろみ素材のブラウス。カラバリ豊富で色違いで欲しくなる♡

ピンクコーデに合わせたバッグ

コロンとしたシルエットに編み込みのハンドルがアクセントのHEREUのバッグ。ピンクと馴染むベージュ。

50代のピンクコーデ【夏】全身ピンク

鮮やかなピンクのノースリーブニット×ベージュピンクパンツの全身ピンクコーデ。白やシルバーの小物が似合いますね。

E by eclatのピンクニット

クルーネック半袖カーディガンとアンサンブルで組み合わせられるピンクのノースリーブニット。

E by eclatのピンクパンツ

とろんとした落ち感が特徴のタックパンツ。ベージュ寄りのピンクが優しい雰囲気に。シーズンレスで着回せます。

50代、夏もピンクを着こなそう

ピンクって痛い?似合わない?と気になる50代向けにピンクの夏コーデを紹介しました。夏もピンク、着こなしましょう。

茶色コーデもチェック