アラフィフカジュアルコーデ|デニムコーデが素敵な人の3つの共通点

【MELLOW’s Diary】MELLOWの編集者が綴るDiary。
第1回目は、素敵なアラフィフ女性に学ぶ、50代のコーディネートのコツについて。

50代、カジュアルコーデが似合わない

アラフィフ~50代になって、最近コーデがどうもしっくりこない。

疲れて見えたり手抜きに見えたり…。ちょっと前まではそんなことなかったのに、何を着ればいいのかわからない。

あーでもないこーでもないと迷い多き私のまわりには、お手本にしたい3人の素敵なアラフィフ女性います。

彼女たちの共通点とは何か。そこから脱・カジュアル迷子のヒントを探ります。

カジュアルコーデが素敵な人の共通点とは

カジュアルもモードも、トラッドも好きだし、あのブランドもこのブランドも好きなミーハーな私。

ひとつひとつのアイテムは大好きなのに、コーディネートがうまくいかない。

そんな私とカジュアルコーデがいつも素敵な人はどこが違うのでしょうか?

カジュアルコーデが素敵な人 1.ぶれない「好み」

素敵な女性は、いつ会っても「彼女らしい」コーディネートをしていること。

スカートの日もジーンズコーデの日もぶれない「彼女らしさ」。

いつも素敵な彼女たちをAさん、Bさん、Cさんとします。

クールで辛口、シンプルコーデのAさん

Aさんは、クールで辛口なシンプルコーデが似合う人。

ある日のコーデは、パールボタンのネイビージャケットに白Tシャツ、そしてジーンズのコーディネート。

このときのジャケットの袖をラフにまくった感じや、ボーイフレンドデニムのシルエットなど、こなれたバランス感覚が絶妙。

ブランドでいうとマディソンブルー。シンプルベーシックで女性らしさが漂うコーディネート。

Aさんらしさをコートであらわすなら、シンプルなロング、カシミアのチェスターコート。

トラッドベースにモード×フェミニンのBさん

Bさんは、 トラッドベースにモードとフェミニンさを効かせたコーディネートがいつもおしゃれ。

ある日のコーディネートは、裾をロールアップしたボーイフレンドデニムに黒い半袖ニット、色鮮やかなブルーのチェックストール。

どのアイテムもベーシックなものなのだけれど、ニットのシルエットがフェミニンだったり、素材がカシミアだったり、いつも上質。

ブランドでいうとドゥロワー。

Bさんらしさをコートであらわすなら、丸みを帯びたシルエットが大人可愛いコクーンシルエットのドロップショルダーコート。

カジュアルベーシックのCさん

Cさんは、ベーシックオブベーシックなコーディネートがいつも素敵な人。超定番アイテムの素晴らしさを改めて感じさせるアイテム選びをがとっても上手。

ある日のコーディネートは、セントジェームスのオーバーサイズのボーダーTシャツ×ボーイフレンドデニムにデュベティカのダウンベスト。

ネイビー×白のシンプルなカジュアルコーデを、絶妙なサイジングでクリーンにコーディネート。

ブランドはユナイテッドアローズ。

Cさんらしさをコートであらわすなら、色はネイビー。ピーコートやダッフルコート。

3人3様のジーンズコーデ。定番アイテムのジーンズコーデでもこんなに違う。

好みがぶれないから、迷わない。
ぶれのないセレクトだから、上手に着まわせる。

そして、自分の大好きなアイテムを身につけることで、さらに生き生きと美しく見えるのかもしれません。

カジュアルコーデが素敵な人 2.自分に似合うものを知っている

自分の「好きなもの」と「似合うもの」が一致していることも重要なポイントです。

大好きだけど実は若すぎるブランドで、年齢的に似合わない、という事態は避けたいもの。

ファッションは自分を表現するツール。上手にセレクトしたいですね。

カジュアルコーデが素敵な人 3.清潔感と透明感

素敵なアラフィフ女性の共通点は、くすみがないこと。

それは肌にシミがない、ということよりも全体的な清潔感や透明感。

メイクのベースは薄付き、加齢とともにパサつきがちな髪や爪の先端部分にはツヤと潤いを与えて。

クール&辛口にはショートネイルでヌケ感を

Aさんは、薄付きベースメイクにしっかりアイメイク。そしてネイルは短め、ベージュのワンカラー。

クールで辛口なシンプルコーデに、このショートネイルの引き算のバランスが素敵です。

コーデを引き立てるコンパクトショートヘア

Bさんは、ナチュラルメイク。

一見無造作だけれど、手入れの行き届いたコンパクトなマッシュショートがドゥロワーのコーディネートをさらに引き立てます。

カジュアルベーシック、まつげ&ネイルは女っぽく

Cさんは、美肌を活かしたナチュラルなベースにまつエク。

指先はフレンチやベージュ系のシンプルなロングネイルで、カジュアルコーデに女性らしさをプラス。

過剰にならない、引き算のヘアメイク

ファッションもヘアメイクも、トレンドを取り入れて、日々アップデート。

そしてやりすぎない引き算のバランスが清潔感と透明感を引き立たせています。

自分の「好み」と「似合うもの」を見つけよう

Aさん、Bさん、Cさん、3人とも、会うたびに視線を外せなくなるくらい大好きな人たち♡そんな私のカジュアル迷子はまだしばらく続きそうですが、まずは自分のぶれない「好み」を見つけることからはじめることにします。

あわせて読みたい☆

data-matched-content-rows-num="4" data-matched-content-columns-num="1" data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="2"